るどの日記

日記。ただ、それだけ。

TSUTAYA DISCAS 再入会の罠

はじめに言っておきますと、今日はかなりの長文になります。
もしお読みになられる方がいらっしゃるなら、それを承知の上でどうぞ。

最初に簡単に経緯を話しますと、


休会中のTSUTAYA DISCASから再入会勧誘メールが来る。

メール内容を見ると上手い事やればある期間は無料で利用できると判断し、再入会する。

予定通りに無料のうちに休会する。

何故か無料のはずの期間分の料金請求が来る。

TSUTAYA DISCASに問い合わせ、回答を繰り返した結果、請求分の料金返金となる。


以上が、これから話す内容です。

元々僕は主にTSUTAYAの店舗に無いCDをレンタルしたくてTSUTAYA DISCASに入会しました。

でも月額料金もそこそこするし、借りたかったCDもあらかた借りられたので一旦休会する事にしました。

また借りたいCDが出てきたら利用しようと思っていたので、アカウントを完全に削除する「退会」ではなく、一時サービスを停止する「休会」を選びました。

そんな休会中のある日、TSUTAYA DISCASからこんなメールが来ました。

 

f:id:spa534r8:20170506052444p:plain

 

f:id:spa534r8:20170506052515p:plain

 

これを見て僕は考えました。

「これって、この条件内なら再入会した後、3月中にまた休会すればタダで使えるんじゃないか?」

 

借りたいCDも少し増えてきてましたし、丁度いいじゃないかと思いました。

ゴタゴタが終わった今になって思えば、そんなに都合のいい話がある訳ないんですけどねえ。

この時はイケるイケる~、と軽く考えてしまっていました。
これは大きな反省点です。

そんなこんなで何度もメール内容を確認して、「無料でイケるはず」、と勝手に確信して2月22日に再入会。
定額レンタル8+動画見放題プランに入りました。

そして当初の予定通り、3月中に休会手続きが完了するように余裕を持って、
(ここ大事です!ギリギリまで粘ろうとすると返却が間に合わずに翌月に自動更新、なんて事になります)
3月26日に休会申請、3月31日休会手続き完了、となりました。

これはメールが来てるので確認済みです。

タダで使えてラッキーだったなあ、なんて思ってたら4月分のクレジットカードの料金請求内容に、
「4月1日 TSUTAYA DISCAS 596円」
とあるではないですか。

はて、これは一体何の料金請求だろう?

借りたのはCDだけ。CDは枚数制限無しなので追加料金の発生は無い。
もしかして休会手続きが間に合わなくて自動更新されたのか?
いやでも、休会手続き完了のメールが来てるし・・・。

という事で、TSUTAYA DISCASにこの料金請求の問い合わせをしてみました。
「これは何の分の料金請求なんですか?」と。

TSUTAYA DISCASから来た回答。

 

f:id:spa534r8:20170506061915p:plain

 

(「?」は文字化けと思われる)
「動画見放題プランに関しましては、登録された日付が 更新日となり、別途4月分が最終のご請求となります。」

この部分がよく分かりません。
登録も何も3月中に休会しているのだから4月に更新されるはずないだろうと思うのですが・・・。

 

この点を「TSUTAYA DISCASからログアウトできないシステム障害」についてもついでに付け加えて再度問い合わせてみました。


そして返って来た回答。

 

f:id:spa534r8:20170506062328p:plain

 

ふむふむ、いや、だから、そもそも3月分の料金はキャンペーン中で発生していないんだってば。

 

発生していない料金の請求はおかしいと伝えたつもりなんですが、僕の問い合わせ方が悪いのか、分かってもらえません。

 

ついでにログアウト不能問題も直る気配が無いようですね。

 

再度、何故料金は発生しているのかを問い合わせて、返って来た回答。

 

f:id:spa534r8:20170506062928p:plain

 

f:id:spa534r8:20170506063116p:plain

 

ふむ、なるほど、動画見放題は30日間だけ無料だった、と。

 

で、それは最初の再入会勧誘メールのどこに書いてあったんだい?

 

これで料金をふんだくろうってのはちょっと応じられないなあ。

 

終いにゃ退会代行って、もう僕は完全にクレーマー認定されたようですね。

うるさいクレーマーはさっさと排除しようとしてくれたようです。

 

だがしかし、再入会勧誘メールに関する向こうの不備もまた認めています。

ここを突く事にしました。

 

もう一度その旨を問い合わせます。

今度は、「無駄と分かっちゃいるがこれでダメなら消費者生活センターに通報するしかないのでしょうか?」というお伺いも添えて・・・。

 

それに対して返って来た回答。

 

f:id:spa534r8:20170506063921p:plain

 

ようやく僕の言い分が伝わり、料金返金の運びとなりました。

 

ここまで拗れたら向こうが折れる事は無いだろうなと思ってただけにちょっと意外な回答でした。

 

「消費者生活センター」の名前を出した事が良かったのでしょうか。

 

まあ、何にしても僕の方としては落着して何よりです。

(向こうのクレーマーリスト(そんなのあるのかは知らんが)には載ってしまったでしょうけど)

 

たかが600円にも満たない額にどれだけの時間と手間をかけたかと思うと苦笑してしまいますが、額の問題ではありません。

 

納得のいかない気持ち悪いお金は払いたくない、その一心でした。

 

TSUTAYA DISCAS 詐欺」でググると今回と似たような事案の報告や相談が幾つか見られます。

以前からこういう事はあったようですね。

 

向こうも商売ですし、あらゆる手で金を毟り取るのはある意味当然。

それを今回の僕は失念していましたね。

 

タダでサービスなんてする訳が無かったんです。

(これ大事!!)

 

昨今、ヤマト運輸を始めとしたサービスに対する正当な対価の問題が議論されていますが、サービス=有料を身を持って学んだ気がします。

 

大いに反省して、これからは上手い話なんてこの世の中には無いんだ、とよく言い聞かせたいと思いました。

 

以上で今日話したかった事は全部です。

同じような状況にある方の参考になれば、と長文を覚悟で書いてみました。

 

ブログ初心者なので多分に読みにくい点があったと思いますが、そんなものを最後まで読んでくださった方がいたなら、お疲れ様です。

ありがとうございました。